今すぐ役立つ!FX最新情報

  • 詳細へ
    2017年6月24日
    約7年で約5.9倍を達成(年率84%)!! AI搭載型自動売買システムTrend Tigerとは?
    AI時代は既に始まっている! 人工知能(AI)は、まだまだ未来の物、自分の生活からはほど遠い存在である、と思っていませんか? もしそうなら、その認識を改めるべきです。というのも、既に個人投資家向けのAI搭載型自動売買システムが存在するからです。 本誌2017年7月号の巻頭企画「人工知能と為替」で既報の通り、国内ナンバーワン実績の自動売買開発者であるHaluさんは、Trend Tiger(トレンドタイガー)という名のAI搭載型自動売買システムを開発。そして、FXの学校「あおのり学校」と協同して一般投資家向けに提供したり、AIに関するセミナーを開催したりするなど、精力的に活動しています。 <Haluさんの記事(本誌2017年7月号巻頭企画)> ■人工知能(AI)と為替(FX)|AI搭載型自動売買[Halu] そのAIの実力は、驚異的です。トレンドタイガー(ドル円版)は、約7年間の運用成績として、1万ドルを6.9万ドルへ、利益にして5.9万ドルの獲得に成功しています(ページ下のグラフ参照)。これを平均年率に換算すれば84%! 裁量トレードでは到底なし得ない成績を、継続的に上げているのです。な…
  • 詳細へ
    2017年6月23日
    プロが考える運用設定【トラリピ プロモデル】の実運用成績を大公開!!
    トラリピの設定に自信がなくてもOK レンジ相場に強いFX取引ツールとして、幅広い層からの支持を集めるトラリピ。取引は自動で行われるため、本業が忙しい方でも無理なく運用できると評判です。 トラリピは、レンジ相場内の価格の往復から利益を生み出す性質なので、投資家側がどの範囲をレンジとして想定するかが、勝敗の分かれ目になります。 トラリピの運用はしたいものの、この設定の難しさを敬遠しているのなら、うってつけの情報源があります。それはトラリピの提供元であるM2Jが毎月発表している、「トラリピ プロモデル」。為替オプション市場の動向をソースとした、向こう3か月分のレンジ予測で、前月の25日に翌3か月分がM2Jの顧客専用サイトで公開されます。 3月モデルの実績が公開 ページ下で掲載している表(画像)は、2017年3月に公開された、トラリピプロモデルによる、豪ドル米ドルの運用結果です。サービス提供開始から、一番最初に出された予測となります。5月末時点で保有していた含み損ポジションを決済してもなお、利益が残っています。 もともとトラリピプロモデルは、1年間のバックテストで十分な収益性を示していましたの…
  • 詳細へ
    2017年6月21日
    人工知能(AI)と為替(FX)|AI搭載型自動売買[Halu]
    世界最大級の投資銀行ゴールドマン・サックスでは、2000年に600人いたトレーダーが、2017年にはわずか2人に。トレードする人間はAIに取って代わられている――という情報を見聞きするようになりました。そうした情報により、人間の能力を凌駕したAIが市場から利益を吸い上げる、そんな時代になったのだと想像する人も少なくないようです。果たして、現実はどうなのでしょうか? この企画では、本邦ヘッジファンドでAIを開発する月光為替さんと、AI搭載型自動売買を完成させたHaluさんにご協力いただき、「そもそもAIとは何なのか」「市場で何をしているのか」といった、基本的な情報の整理を試みます。 <参考> MIT Technology Review / As Goldman Embraces Automation, Even the Masters of the Universe Are Threatened <月光為替さんの記事> ■人工知能(AI)と為替(FX)|ヘッジファンドの最先端情報[月光為替] 自動売買システムの開発者から見たAIの現状とは? Haluさんは、国内ナンバーワンの実績を持つ自…
  • 詳細へ
    2017年6月21日
    オートレンジトレーディングでトレンド予測いらずのラクラク資産運用[東岳証券]
    レンジ相場特化の新しい自動売買、オートレンジトレーディング レンジ相場で強力なパフォーマンスを発揮する自動売買として注目しているのが、東岳証券の取引プラットフォーム、HorizonAutonに搭載できるオートレンジトレーディング(ART)です。もみ合い相場で真価を発揮するため、上がるか下がるかの相場展望は必要ありません。 レンジ相場では、一定の範囲内を価格が往復します。ARTはこの往復が発生するたびに、新規エントリーと利益確定を繰り返すため、長く続くレンジ相場ほど利益が蓄積されていきます。 ドルストレートの低スプレッドも魅力 ARTで運用できるのは、豪ドル米ドルと米ドルスイスフランとなります。 こちらの2通貨ペアは、ここしばらくはトレンドが横ばいで、比較的に変動幅が小さいため、ARTの運用に適しています。 ドル円や豪ドル円のように円は絡んでいませんが、同じように運用可能です。東岳証券では、これらドルストレート通貨ペアのコスト圧縮には力を入れており、どちらも1pipsで運用できる点も見逃せません。 運用は自動的に行われるため、本業が忙しい方でも無理なく始められるはず。まだ自動売買の経験が…
  • 詳細へ
    2017年6月19日
    人工知能(AI)と為替(FX)|ヘッジファンドの最先端情報[月光為替]
    世界最大級の投資銀行ゴールドマン・サックスでは、2000年に600人いたトレーダーが、2017年にはわずか2人に。トレードする人間はAIに取って代わられている――という情報を見聞きするようになりました。そうした情報により、人間の能力を凌駕したAIが市場から利益を吸い上げる、そんな時代になったのだと想像する人も少なくないようです。果たして、現実はどうなのでしょうか? この企画では、本邦ヘッジファンドでAIを開発する月光為替さんと、AI搭載型自動売買を完成させたHaluさんにご協力いただき、「そもそもAIとは何なのか」「市場で何をしているのか」といった、基本的な情報の整理を試みます。 <参考> MIT Technology Review / As Goldman Embraces Automation, Even the Masters of the Universe Are Threatened <Haluさんの記事> ■人工知能(AI)と為替(FX)|AI搭載型自動売買[Halu] 最前線にいるAI開発者の目に映る現状とは? 本誌の公式ウェブサイトで、週に一回の連載を担当している月光為…
  • 詳細へ
    2017年6月1日
    もう設定で迷わない!M2J「トラリピ プロモデル」でプロ推奨の運用をスタート!
    ※この記事は、FX攻略.com2017年7月号の記事を転載・再編集したものです トラリピ®とは? 「○○円で買って、△△円で売る」といったイフダン注文を複数発注でき、さらに決済注文成立後は同じイフダン注文を自動で繰り返してくれる注文のこと。 勝敗に関わるトラリピの設定で悩まない方法とは? 「何度でも復活する、新規→利食いの注文セット」を、指定範囲内にまとめて仕掛けるトラリピは、レンジ相場に特に強い資産運用として有名です。 一度仕掛けた注文は、繰り返しずっと実行されるため、自動売買に分類することもできます。しかし、トラリピを仕掛ける範囲、売買の方向性、注文本数や、注文1本あたりの狙う利益や売買数量、損切りの有無など、投資家が判断しなければいけない要素もたくさんあります。これらの「設定」には、相場観や資金管理のテクニックが求められる部分で、勝敗を直接的に分ける要因となります。 こういった設定は、トラリピを運用する際の醍醐味ともいえますが、ある程度の経験や知識がないと、なかなか自信を持って設定を決めることはできないでしょう。 この問題点を解決するサービスが、「トラリピ プロモデル」です。これ…
  • 詳細へ
    2017年5月25日
    東岳証券からレンジ相場の攻略を狙う自動売買[オートレンジトレーディング]が登場
    買いか売りでもう迷わない!レンジ相場の攻略を狙う自動売買、オートレンジトレーディング   ※この記事は、FX攻略.com2017年7月号の記事を転載・再編集したものです レンジ相場向きの自動売買が登場! 相場の動きは、トレンドの方向性による分類で大別されます。横ばいトレンドの相場をレンジ相場とも呼びます。 上昇・下降トレンド相場とレンジ相場では、有効な戦略が異なります。上昇・下降トレンド相場では、発生しているトレンドを追いかけるのが王道で、FX攻略.com6月号で解説した東岳証券の自動売買、トレンドフォローイフダンなどが有効です。 逆にレンジ相場では相場の方向感が横ばいのため、同じ水準を何度も価格が往復します。そのため、レンジの内側に新規注文と決済注文のセットをあらかじめ仕掛けておくことで、利益を獲得できる期待があります。 さらにこの新規+決済のセットが、完了したら自動的に再セットされるようにすることで、その範囲の値動きが続く限り、利益も自動的に積み上がっていくことになります。   上がるか下がるかの予測は必要なし! 東岳証券がこの春新たにリリースしたオートレンジトレーディングは、こう…
  • 詳細へ
    2017年5月2日
    東岳証券の高機能型自動売買「トレンドフォローイフダン」活用のポイント
    相場は常に動いている…だから監視! 東岳証券の高機能型自動売買「トレンドフォローイフダン」活用のポイント ※この記事は、FX攻略.com2017年6月号の記事を転載・再編集したものです FXですべてのトレンドを完全追跡するのは困難 FX相場には、上がっている・下がっている・どちらでもないの3パターンがあります。このうち、上下どちらかに動いている状態を「トレンドが出ている」と表現します。 トレンドの状態に合わせた戦略でトレードする必要がある場合、相場の現状認識は分析の基本であるといえます。 トレンドの判断には、いろいろなアプローチがありますが、トレンド系やオシレーター系のテクニカル指標を使ってのチャート分析は、メジャーな手法といえるでしょう。 テクニカル指標を使った分析は、トレーニングを積めばかなりの精度で相場の流れをつかめます。しかし人力には限界があり、急激に相場が動く局面を、全てフォローすることは困難です。 プログラムが相場を追うので、相場に張り付く必要なし! ここで選択肢となるのが自動売買です。東岳証券のHorizonAutonに追加できるトレンドフォローイフダンなら…
  • 詳細へ
    2017年5月1日
    春のFX会社選び!新規口座開設キャンペーンまとめ(5/1情報)
    新年度を迎え、この春からFXを始めようとする人も多いはず。FXを始めるにあたって絶対に必要なのが、FX会社の口座です。 FX会社は各社ごとに特徴があるため、いかに自分に合ったFX会社を選ぶかが一番大切なのですが、新規口座開設した人だけにもらえるキャンペーンも捨てがたいですよね! そこでこの記事では、FX攻略.com読者に人気のFX会社5社(※)がこの春からスタートした新規口座開設キャンペーン情報をまとめました。はじめてのFX会社選びの参考にしていただければ嬉しいです。 ※ FX攻略.com本誌と公式サイトのアンケートを集計した情報です。 自分にぴったり合ったFX会社を探したい方は「今すぐ !!口座開設」のページを参考にしてください。 ・アプリの使いやすさ ・少額取引可能な会社 ・自動売買可能な会社 ・取引ツール・機能 ・口座開設キャンペーン ・スプレッド ・情報の信頼度 といったカテゴリに分けて、オススメのFX会社を紹介しています。 ⇒ 「今すぐ!!口座開設」で自分に合ったFX会社を探す ※ 以下、FX会社のキャンペーン情報は、2017年5月1日時点のものです。 1.外貨ネク…
  • 詳細へ
    2017年4月29日
    「上げ下げ予測の難しさ」と「突発的乱高下」をトラリピで事前対策
    ※この記事は、FX攻略.com2017年6月号の記事を転載・再編集したものです FXの世界では裁量トレードでつまづく人が多い ほとんどのFXトレーダーは、裁量トレードから、FXの世界に飛び込みますが、継続的に利益を残せる人は多くありません。つまり、多くのトレーダーがつまづく、裁量トレードを難しくするいくつかの要因があると考えられます。 ですが、FXの運用スタイルは裁量トレードだけではありません。機械に売買を任せるスタイルも、また一つの選択肢になります。 トラリピを模倣した自動売買が流行中 自動売買は、2種類に分けることができます。一つは、ミラートレーダーなど、売買の方針がユーザーに公開されていないタイプ。 もう一つは、マネースクウェア・ジャパンのトラリピに代表される、相場の値動きを追いかけ、売買を繰り返すタイプ。 後者は売買ロジックが明確で、なおかつ投資家側に相場観が求められます。 こちらのタイプの自動売買は、現在FX業界で勢いがあり、各社から類似した商品がリリースされています。 ですが、これらは全てトラリピを模倣したもの。最も高機能で設定の自由度が高いトラリピを通じて、裁量トレードを…
1 2 3 4 10