FX力を鍛える有名人コラム

  • 詳細へ
    2017年5月22日
    ディーラーによる今週のドル円「大きく円高へ。ロシアゲートってなに?」[国府勇太]
     国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「円高!要因はまたあの男!」 先週を一言で表すと「円高!要因はまたあの男!」です。 先週5月15日(月)には、113.23円でスタートしたドル円。 大きくマーケットが動いたのは17日(水)のNY時間(日本時間18日)でした。 原因はあの男、そうですトランプ大統領です。 連邦捜査に介入した疑いで、トランプ大統領が弾劾されるとの懸念が浮上し、リスクオフの動きが加速しました。 ドル円は一気に110円台まで下落。 翌日18日(木)には安値110.23まで下げるもその後は、落ち着きを見せ反発し、111.21円で週末クローズとなりました。 トランプ氏が、コミー前FBI長官(トランプ氏が解任)に、ある捜査(フリン前大統領補佐官(国家安全保障担当)とロシアの関係を巡る捜査)を打ち切るよう求めたことが問題の発端です。 これがいわゆる「司法妨害」として問題となっています。 世界史のおさらいですが、司法妨害として有名なのが1970年代のウォーターゲート事件です。この事件はアメリカ政治史に残る大事件であり、ニ…
  • 詳細へ
    2017年5月22日
    ロシア疑惑浮上でユーロに買い妙味[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2017年5月22日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、トランプ大統領のロシア疑惑を嫌気した株安・円高の流れに呑まれ、一時110.24円まで下落した。17日の米国市場ではNYダウが370ドル超の暴落となり、翌日の東京市場では日経平均が一時19400円台まで下落した。「恐怖指数」(VIX指数)も10ポイント台から一時15ポイント台まで跳ね上がった。 トランプ大統領のロシア疑惑で市場は再び不透明に… 市場は再び不透明感に覆われ始めた。このロシア疑惑に対する捜査がどこまで進展し、政権にどれほどの打撃をもたらすかは現時点では予測できない。経験則からいえば、こういった政治的スキャンダルによる下落は一時的で、市場がその話題に飽きれば自然に元に戻ることが多い。 また中長期的には日米のファンダメンタルズ格差や金利差の拡大を背景にドル高・円安が続くとのシナリオにも大きな変更はない。しかし万が一、ウォーターゲート事件のように大統領の弾劾・辞任といった展開にでもなれば、シナリオは大きな修正を余儀なくされる。何よりこの話題はメディアが大好きな「強者叩き」だ。…
  • 詳細へ
    2017年5月18日
    FXに活かす米国独自の経済指標|ADP雇用報告とは?[月光為替]
    では、今回は米国独自の中で、雇用・労働関連の経済指標解説の第三弾、ADP雇用報告について、話して行きたいと思います。 ADP雇用報告とは? ADP雇用報告とは、ADP雇用者数(増減)とも表され、人事関連業務の米アウトソーシング会社でもあるADP(Automatic Data Processing)社の全米雇用報告(ADP National Employment Report)が発表している数値のことです。 対象は、約41万社のサンプル・データ(民間部門雇用者数のおよそ20%)で、その毎月の民間部門雇用者数の増減の変化を推計した数値になります。 市場では、毎月の米雇用統計の予想をする上で、その先行指標として参考にされることがあります。 雇用統計の2日前の水曜日、夏時間は日本時間午後9:15、冬時間は日本時間午後10:15に発表されます。 ただ、100%雇用統計と相関性があるわけではありません。当然ながら、ADPがよかったのに、雇用統計はサプライズに悪い、ということもあります。 ただ、元々登場した直後はあまりにもズレが大きく全く機能しない指標でしたが、現在はある程度は改善され、投資家の注目…
  • 詳細へ
    2017年5月17日
    ドル高エンジンは一旦停止!ユーロは次のステージへ![井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 今週に入り北朝鮮が再び弾道ミサイルを発射するなど地政学リスクが意識されたほか、複数の米経済指標で悪い数字が確認されドル上昇トレンドは一旦停止しました。更に年内の米利上げペースを巡ってはFOMCメンバーからハト派的な発言も飛び出しており、ドル円は調整局面入りとも考えられます。方向感の見えないドルはひとまず見限って、勢いのあるユーロに乗り換えるのがスマートかもしれません。 6月利上げに暗雲も!ドル高エンジンは一旦停止! エバンス連銀総裁が「利上げはあと1回か2回が適切」として今のFOMCのコンセンサスから見るとハト派寄りの発言があり、ここにきて6月利上げに対してFOMCメンバーのコンセンサスが固まっていないことが確認できます。更にトランプ政権からFBI長官の電撃解任、ロシア情報漏えいといった問題が散見しております。これらの問題が長期化する可能性も否定できず、報道のたびにリスクオフで反応してしまうため、ドル円の重石となっています。事実、CMEグループのフェドウォッチで6月の米利上げを確認すると先週まで90%近くあった…
  • 詳細へ
    2017年5月16日
    先週は全勝で+180pips勝ち!将来的には南アランドをやりたい話も[木里ゆう]
    先週は月曜と火曜がノーエントリーだったので、トータルで3回のトレードとなりました。 先週のFXトレード報告 【このトレードのルール】 ユーロ円は利食いが+120pips、損切りが−80pips ポンド円は利食いが+110pips、損切りが−100pips ドル円は利食いが+80pips、損切りが−70pips 上記の値幅設定の逆指値IFO注文を、その日の東京時間の高値と安値の両方に、17時に仕掛ける 逆指値なので、高値到達で新規買い、安値到達で新規売り 買いか売りかのどちらかが発動したら、もう一方は取消 0時を回ってヒットしなければ、両方のIFO注文を取消 ポジションは利食いか損切りになるまで放置(※米ドル/円のみ、ポジションが翌日の16時59分になっても決済されていない場合、その時点で成行強制決済) 金曜日は新規エントリーしない ユーロ/円とポンド/円は、毎週金曜日の16:59にすべての保有ポジションを成行決済する ※ トレードルールは随時更新されています。最新のトレードルールは一番新しい記事にてご確認ください。 5月8日(月) 3通貨ペアとも窓空…
  • 詳細へ
    2017年5月15日
    ディーラーによる今週のドル円「果たしてここで頭打ちなのか?」[国府勇太]
    国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「とうとう天井?週末にかけ下落」 先週を一言で表すと「とうとう天井?週末にかけ下落」です。 先週5月8日(月)には、112.847円でスタートしたドル円。 先々週から引き続いての上昇トレンドを継続し、10日(水)には高値114.35をつけました。 しかしその後週後半にかけ下落、11日(木)には114円を割れ、12日(金)には113.19円と113円を割れそうなほどの下落となりました。 そして、クローズ後の週末に、北朝鮮が日本海に弾道ミサイル発射したというニュースが流れました。 ここでファンダメンタルズのおさらいをしましょう(中上級者の方は「なにをいまさら」という内容ですが)。 日本にこういったこと(戦争に巻き込まれたり、大地震が起きるようなこと)があると、一般的に円が買われるので円高(ドル安、ドル円チャートでいうと下落)になります。 今週も週明けに窓あけ(前の営業日の終値よりもレートが大きく乖離してスタートすること)が懸念されましたが、思ったほど窓はあけず、反応は限定的でした。 ドル円、…
  • 詳細へ
    2017年5月15日
    ドル円に上昇余地!相場は過熱からは程遠い[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2017年5月15日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、仏大統領選が大方の予想通りマクロン候補の勝利で終わったことを好感し、113円台へ上昇してスタート。米国債利回りの上昇や株高にもサポートされ、一時114.37円と3月中旬以来の水準へ上昇した。 ドル円の強気材料が揃うものの… 米政府機関閉鎖懸念や仏大統領選挙といった不透明要因が剥落し、北朝鮮情勢も新たな動きが見られない中、市場の警戒感が後退し、米国株高・リスクオンの円安の流れが固まりつつある。市場の不安心理を反映するVIX(恐怖指数)も一時10ポイント台を割り込み、約25年ぶりの低水準となった。コミーFBI長官の電撃解任でトランプ政権の先行きを不安視する向きもあるが、経済政策への影響はないと見てよく、インパクトは限定的となりそうだ。 先週木曜日に発表された米国の失業保険継続受給者数は191.8万人と28年ぶりの低水準となった。失業保険の受給者数は失業率と連動しており、今後も失業率が一段と低下する可能性が高いことを示している。また4月の生産者物価指数(食品・エネルギー除くコア)は前月…
  • 詳細へ
    2017年5月11日
    FXに活かす米国独自の経済指標|新規失業保険申請件数とは?[月光為替]
     では、今回は米国独自の中で、雇用・労働関連の経済指標解説の第二弾、新規失業保険申請件数について、話して行きたいと思います。新規失業保険申請件数とは?新規失業保険申請件数も、多くの読者の皆様がすでにご存じとは思いますが、今一度おさらいを。新規失業保険申請件数(Unemployment Insurance Weekly Claims)は、Jobless Claimsとも呼ばれ、米労働省が毎週発表している失業保険統計の一つになります。他にも、失業保険継続受給者数、延長給付申請、緊急失業給付数なども同日に発表しています。新規失業保険申請件数は、景気先行指数の構成指標に含まれています。ですので、米雇用統計の予想材料の一つとして、注目度の高い指標となります。申請件数が少なければ、雇用者数が伸びているというイメージです。毎週木曜日に発表されるので、雇用統計と比べ、連休やハリケーンなどの影響を大きく受けます。ですので、前回や予想と比べて大きく結果が異なることが比較的多いです。新規失業保険申請件数との向き合い方さて、ではこの新規失業保険申請件数と、どのように向き合っていけばよいのでしょうか。基本的な考…
  • 詳細へ
    2017年5月10日
    リスクイベント通過で次のテーマは欧米金融政策[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。良好な米雇用統計、フランス大統領選はマクロン氏勝利で最悪のシナリオを回避、韓国大統領選は北朝鮮に融和的な政策を掲げている文在寅(ムン・ジェイン)氏の圧勝で地政学リスクは後退。このように直近のリスクイベントを無事通過したことでVIX指数は1993年以来の低水準でマーケットは完全にリスクオンとなり、ドル円クロス円は大きく上昇しました。さて、イベントを通過したここからのマーケットをしっかり見ていきましょう。次のマーケットテーマは米金利!6月利上げを織り込んだドルはどこまで上値を拡大できるのか東アジアの地政学リスク、トランプ大統領の税制改革、欧州のポピュリズム志向再燃等、これら材料がいつマーケットのテーマとなってもおかしくはありません。しかし、目先のマーケットが一番気にしているテーマは米金利の行方になります。先週末の米雇用統計ではほぼ完全雇用に近い数値を示しており、FOMCメンバーの発言を整理しても6月利上げに死角はなさそうです。自動車関連など一部米経済指標で悪い部分も見えていますが、利上げを見送る程ではありません。銀行…
  • 詳細へ
    2017年5月9日
    メイン手法のエントリールールを微調整したお話[木里ゆう]
    先週は新規注文がヒットしなかったり、用事があってFXができなかったりで、2トレードのみでした。先週のFXトレード報告【このトレードのルール】ユーロ円は利食いが+120pips、損切りが−80pipsポンド円は利食いが+110pips、損切りが−100pipsドル円は利食いが+80pips、損切りが−70pipsユーロ円とポンド円:上記の値幅設定の逆指値IFO注文を、その日の東京時間の高値と安値から8pips先の両方に、17時に仕掛ける new!ドル円:上記の値幅設定の逆指値IFO注文を、その日の東京時間の高値と安値の両方に、17時に仕掛ける逆指値なので、高値到達で新規買い、安値到達で新規売り買いか売りかのどちらかが発動したら、もう一方は取消0時を回ってヒットしなければ、両方のIFO注文を取消ポジションは利食いか損切りになるまで放置(※米ドル/円のみ、ポジションが翌日の16時59分になっても決済されていない場合、その時点で成行強制決済)金曜日は新規エントリーしないユーロ/円とポンド/円は、毎週金曜日の16:59にすべての保有ポジションを成行決済する※ トレードルールは随時更新されています…
1 2 3 4 15