雨夜恒一郎

  • 詳細へ
    2017年6月26日
    保合い半年・ボラ低下、そろそろ急変を警戒[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2017年6月26日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、株高を背景とした円売りの流れと米国の利上げ期待を背景としたドル買いの流れが噛み合い、一時111.79円と5月下旬以来の水準まで上昇したが、112円台を試す勢いも見られず、その後は111円台で方向感に欠ける展開となった。筆者はここ数週間、米国の利上げによる材料出尽くしのドル売りを予想していたが、今のところそうした動きは見られない。 心配されていた米ハイテク株の急落もひとまず収束し、日経平均も2万円台を維持して越週、株式市場はなんとか暴落を回避しつつあるように見える。北朝鮮をめぐる有事リスクはすでに市場の関心の圏外となり、トランプ大統領のロシアゲート疑惑や欧州の政局懸念もいつの間にか下火となっている。少なくとも足元では、別の突発的要因が飛び出してこない限り、リスク回避の円高は予想しづらい。 相場が膠着している理由 一方FRB当局者の強気な見方にもかかわらず、市場の利上げ期待は依然盛り上がりに欠ける状態だ。FF金利先物が織り込む利上げ確率は、9月FOMCで18%、12月FOMCで53%…
  • 詳細へ
    2017年6月19日
    米利上げ期待を材料としたドル高は短命に終わる公算[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2017年6月19日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、FOMCが予想通り0.25%の利上げを決定したことを受けて材料出尽くしのドル売りとなり、一時108.83円と4月以来の安値を示現。しかし声明と議長会見が緩やかな利上げと年内のバランスシート縮小に言及したことから急速に買い戻され、一時111.42円と2週間ぶりの水準まで反発した。 111円台まで反発する予想外の展開 ほぼ100%織り込まれている利上げが実現すれば材料出尽くしのドル売りとなるというところまでは筆者の読み通りだったが、その後「年内あと1回の利上げ見通し」を頼りに111円台まで反発する展開は予想外だった。FOMCメンバーの金利見通し、いわゆるドットチャートによると、今年末までにあと1回の利上げ予想(1.25~1.50%)が最多の8票を集めた。 6月FOMCのドットチャート 出所:FRB FOMC声明には、今回初めて「バランスシートの正常化計画」が盛り込まれた。「予測通りに経済が広く進展するならば、今年中にバランスシートの正常化計画の実施に着手する」とのことだ。年内あと1回…
  • 詳細へ
    2017年6月12日
    利上げ織り込み済みでドルに買い目なし[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2017年6月12日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、コミー前FBI長官の議会証言を控えた不透明感からドル売り・円買いの動きが強まり、一時109.12円と4月下旬以来の水準まで下落。しかし議会証言の事前テキスト「トランプ大統領は忠誠を要求し、フリン氏の捜査終了を“希望”した」が伝わると、「命令ではないのでセーフ」との安堵感が広がり、110円台へ買い戻された。 今週注目のFOMC、利上げは確実か トランプ大統領にとって目先最大の関門だったコミー氏の議会証言はひとまず乗り切ったものの、両者は互いに嘘つき呼ばわりするなど対決姿勢を強めており、「ロシアゲート疑惑」は泥沼化する公算が大きい。トランプノミクスはすでに通商問題、税制改革、医療保険制度改革などの課題で暗礁に乗り上げているが、この疑惑が長引けばさらなる後退を余儀なくされるのではないか。 そして今週火・水曜日には注目のFOMCが開催される。5月分の雇用統計は予想を下回る内容だったが、金利先物市場はすでに利上げ(0.75~1.00%から1.00~1.25%へ)を99%織り込んでおり、今回…
  • 詳細へ
    2017年6月5日
    米国労働市場の現状を深く考えてみる[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2017年6月5日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、米国5月の雇用統計が予想を下回ったことを受けて110.33円まで下落し、約2週間ぶりの安値を付けた。米国雇用統計では、失業率が4.3%と16年ぶりの低水準となったものの、非農業部門雇用者数が+13.8万人と予想の+18.2万人を大きく下回り、3月・4月月分も合計6.6万人下方修正された。 非農業部門雇用者数と失業率は予想を下回る 非農業部門雇用者数の増加幅は一般に好悪の分岐とされる20万人を3ヶ月連続で下回ったが、これは景気減速ではなく、労働市場の逼迫(品薄)のせいと考えるべきだろう。失業率はFRBが完全雇用と見る4.7%を大きく下回っており、もはや就業可能な失業者がほとんどいない状態と言ってよい。イエレンFRB議長は完全雇用下での就業者の伸びは7.5万~12.5万人が適正と見ており、雇用の伸び鈍化が6月FOMCでの利上げを踏みとどまらせる材料とはならないはずだ。CMEが算出する6月の利上げ確率は94.6%に達しており、むしろ前日の90%から上昇している。 米国の労働市場は完全雇用…
  • 詳細へ
    2017年5月29日
    米6月利上げは織り込み済み!出尽くしの先取りの動きに注意[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2017年5月29日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は111円台を中心に膠着が続いた。トランプ米大統領のロシア疑惑を嫌気した株安・ドル安の流れはひとまず一服したが、英マンチェスターのコンサート会場で爆弾テロが発生するなど不穏なムードも払拭できず、110円台後半へ下落する場面も見られた。 6月の利上げはほぼ確定か? 先週公表された5月分のFOMC議事録では、「引締めは近く適切になる公算」と指摘しつつも、「景気減速が一過性であるという証拠を待つのが賢明」と慎重な見方が記されていた。シカゴ・マーカンタイル取引所が提供しているFedWatchによると、年内にあと2回以上利上げが行われる確率は5割未満だ。簡単に言えば、市場参加者は今年の利上げは「あと1回か2回、おそらく1回だけ」と読んでいることになる。 図1 FF金利先物が織り込む12月の金利水準 出所:CME 一方、同FedWatchでは、6月FOMCでの利上げはすでに8割以上織り込まれている。1ヶ月前は6~7割といった織り込み度合いであったから、この1ヶ月で市場は6月利上げの確信を一段と強…
  • 詳細へ
    2017年5月22日
    ロシア疑惑浮上でユーロに買い妙味[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2017年5月22日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、トランプ大統領のロシア疑惑を嫌気した株安・円高の流れに呑まれ、一時110.24円まで下落した。17日の米国市場ではNYダウが370ドル超の暴落となり、翌日の東京市場では日経平均が一時19400円台まで下落した。「恐怖指数」(VIX指数)も10ポイント台から一時15ポイント台まで跳ね上がった。 トランプ大統領のロシア疑惑で市場は再び不透明に… 市場は再び不透明感に覆われ始めた。このロシア疑惑に対する捜査がどこまで進展し、政権にどれほどの打撃をもたらすかは現時点では予測できない。経験則からいえば、こういった政治的スキャンダルによる下落は一時的で、市場がその話題に飽きれば自然に元に戻ることが多い。 また中長期的には日米のファンダメンタルズ格差や金利差の拡大を背景にドル高・円安が続くとのシナリオにも大きな変更はない。しかし万が一、ウォーターゲート事件のように大統領の弾劾・辞任といった展開にでもなれば、シナリオは大きな修正を余儀なくされる。何よりこの話題はメディアが大好きな「強者叩き」だ。…
  • 詳細へ
    2017年5月15日
    ドル円に上昇余地!相場は過熱からは程遠い[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2017年5月15日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、仏大統領選が大方の予想通りマクロン候補の勝利で終わったことを好感し、113円台へ上昇してスタート。米国債利回りの上昇や株高にもサポートされ、一時114.37円と3月中旬以来の水準へ上昇した。 ドル円の強気材料が揃うものの… 米政府機関閉鎖懸念や仏大統領選挙といった不透明要因が剥落し、北朝鮮情勢も新たな動きが見られない中、市場の警戒感が後退し、米国株高・リスクオンの円安の流れが固まりつつある。市場の不安心理を反映するVIX(恐怖指数)も一時10ポイント台を割り込み、約25年ぶりの低水準となった。コミーFBI長官の電撃解任でトランプ政権の先行きを不安視する向きもあるが、経済政策への影響はないと見てよく、インパクトは限定的となりそうだ。 先週木曜日に発表された米国の失業保険継続受給者数は191.8万人と28年ぶりの低水準となった。失業保険の受給者数は失業率と連動しており、今後も失業率が一段と低下する可能性が高いことを示している。また4月の生産者物価指数(食品・エネルギー除くコア)は前月…
  • 詳細へ
    2017年5月8日
    緩やかな金利上昇と株高が共存!ドル円はさらに上昇へ[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2017年5月8日号 先週のドル円相場は、東京市場が大型連休で薄商いとなる中じり高の展開となり、一時113.05円と3月中旬以来の高値をつけた。FOMCは予想通り金融政策を据え置いたが、声明は「第1四半期の成長減速は一過性の可能性が高い」と指摘するなど全般に明るいトーンとなり、ドル買いをサポートした。 米国雇用統計の結果は? 金曜日に発表された米国4月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が+21.1万人と予想の+19万人を上回り、失業率は前回の4.5%から4.4%へ一段と低下した。 市場が注目する平均時給が前年比+2.5%と予想の+2.7%に届かなかったためドル買いに弾みはつかなかったが、FRBの利上げを正当化する内容であることに疑いの余地はない。完全雇用下で20万人ペースの雇用増が続けば、労働市場が逼迫し、いずれ賃金上昇ペースが加速する可能性が高いからだ。イエレンFRB議長はかねて「完全雇用下での雇用増は月に7.5万人から12.5万人が適正」と指摘している。 6月の利上げがメインシナリオに FF金利先物が織り込む6月の利上げ確率はすでに8割近…
  • 詳細へ
    2017年5月1日
    不透明要因剥落しドル円に上昇余地!閑散に売りなし[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2017年5月1日号 先週のドル円相場は、仏大統領選挙で中道派・親EUのマクロン候補がトップで決選投票に進んだことを受けて110円台へ上昇してスタート。4月25日の朝鮮人民軍創建85周年記念日に北朝鮮が目立った挑発を行わなかったことや、26日のトランプ減税案発表に対する期待感が強まったことから、一時111.78円まで上昇した。 これで4月17日につけた年初来安値108.13円から2週間弱で3円あまりも上昇したことになる。当時ドルが下落していた要因は、仏大統領選挙をめぐる不透明感、北朝鮮の有事リスク、トランプ政権がドル安政策を取るのではないかという懸念、そして米国政府機関閉鎖の懸念であったが、この2週間で状況は大きく様変わりした。 まず仏大統領選挙の決選投票は5月7日(日)に行われるが、4月28日の世論調査ではマクロン氏が60%の支持を集めており、極右のルペン氏が勝利する可能性は極めて低くなった。ユーロドルはすでに第一回投票前の高値を抜いて1.09ドル台半ばと昨年11月以来の水準を回復している。今週は「マクロン大統領」誕生を織り込みに行く形で…
  • 詳細へ
    2017年4月24日
    トランプ大統領が過去最大規模の減税を発表へ[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2017年4月24日号 先週のドル円相場は安値圏でのもみ合いに終始した。 北朝鮮をめぐる地政学リスクを背景に、週初には一時108.13円と年初来安値を更新したが、ムニューシン米財務長官が年内の税制改革実施を支持し、「強いドルは長期的には良いこと」と述べたことを受けて、109.49円まで回復した。ただ週末の仏大統領選を控えた慎重ムードもあり、110円台を試す動きも見られなかった。 今週の注目材料は? 今週の注目材料は26日にトランプ大統領が発表する税制改革案だ。詳細は明らかになっていないが、個人および法人向けの「過去最大規模の減税」を盛り込むと見られている。実現すれば約30年ぶりの税制改革となる。 大統領は今年2月9日に「2~3週以内に驚異的な税制改革案を発表する」と約束していたが、その後調整が難航し、市場の失望や不信感を招いていた。公約では35%の連邦法人税率を15%に下げ、個人所得税の税率を現行の7段階から3段階(12%、25%、33%)に引き下げることなどにより、10年で5兆ドル規模の減税を行うとしていたが、市場ではその実現性に懐疑的な…
1 2 3 4 8