井口喜雄

  • 詳細へ
    2017年5月17日
    ドル高エンジンは一旦停止!ユーロは次のステージへ![井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 今週に入り北朝鮮が再び弾道ミサイルを発射するなど地政学リスクが意識されたほか、複数の米経済指標で悪い数字が確認されドル上昇トレンドは一旦停止しました。更に年内の米利上げペースを巡ってはFOMCメンバーからハト派的な発言も飛び出しており、ドル円は調整局面入りとも考えられます。方向感の見えないドルはひとまず見限って、勢いのあるユーロに乗り換えるのがスマートかもしれません。 6月利上げに暗雲も!ドル高エンジンは一旦停止! エバンス連銀総裁が「利上げはあと1回か2回が適切」として今のFOMCのコンセンサスから見るとハト派寄りの発言があり、ここにきて6月利上げに対してFOMCメンバーのコンセンサスが固まっていないことが確認できます。更にトランプ政権からFBI長官の電撃解任、ロシア情報漏えいといった問題が散見しております。これらの問題が長期化する可能性も否定できず、報道のたびにリスクオフで反応してしまうため、ドル円の重石となっています。事実、CMEグループのフェドウォッチで6月の米利上げを確認すると先週まで90%近くあった…
  • 詳細へ
    2017年5月10日
    リスクイベント通過で次のテーマは欧米金融政策[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。良好な米雇用統計、フランス大統領選はマクロン氏勝利で最悪のシナリオを回避、韓国大統領選は北朝鮮に融和的な政策を掲げている文在寅(ムン・ジェイン)氏の圧勝で地政学リスクは後退。このように直近のリスクイベントを無事通過したことでVIX指数は1993年以来の低水準でマーケットは完全にリスクオンとなり、ドル円クロス円は大きく上昇しました。さて、イベントを通過したここからのマーケットをしっかり見ていきましょう。次のマーケットテーマは米金利!6月利上げを織り込んだドルはどこまで上値を拡大できるのか東アジアの地政学リスク、トランプ大統領の税制改革、欧州のポピュリズム志向再燃等、これら材料がいつマーケットのテーマとなってもおかしくはありません。しかし、目先のマーケットが一番気にしているテーマは米金利の行方になります。先週末の米雇用統計ではほぼ完全雇用に近い数値を示しており、FOMCメンバーの発言を整理しても6月利上げに死角はなさそうです。自動車関連など一部米経済指標で悪い部分も見えていますが、利上げを見送る程ではありません。銀行…
  • 詳細へ
    2017年4月26日
    フランス大統領選の結果を受けてユーロはどこへ向かう!?[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’s EYE】をお届けします。 フランス大統領選挙は、マクロン氏、ルペン氏各候補が第二回決戦に残ることになりました。3位以下の候補者が既にマクロン氏支持を表明していることから事実上マクロン大統領誕生となりそうです。 大方の予想通りの結果となり、マーケットは当然リスクオン一色。月曜日はユーロ円350PIPの上窓が空いてオープンとなるなどユーロは強烈に買いが入っています。急騰したユーロの今後の展開を予想していきたいと思います。 フランス大統領選の結果を受けてユーロはどこへ向かう!? 勝負は下駄をはくまでわかりませんが、相当なことが起こらない限りルペン氏の逆転はないでしょう。そしてマクロン大統領誕生に関しては予想通りの結果となるため、バイ・ザ・ルーモア セル・ザ・ファクト(噂で買って事実で売る)という格言通りいけば調整的にややユーロが売られる可能性も考えられます。 しかし、Brexitや米大統領選で痛い目に合った市場参加者は今回のフランス大統領選でルペン氏が勝利する最悪のシナリオにかなり敏感になっていたため、今回の結果は想像以上にマー…
  • 詳細へ
    2017年4月19日
    ドル円は視界不良!クラッシュに備えて準備[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 ドル円は地政学リスク、トランプ大統領の低金利政策発言を背景にドル円に売り圧力がかかるなか、ゴールドマンサックスをはじめとした米企業決算内容も嫌気されて上値の重い展開が続いています。ムニューシン米財務長官の「ドル高はアメリカの国益」発言を受けて下値攻めは108円前半で一旦停止となっていますが、ここから先の展開はどうなるのでしょうか。 リスクリワードを考慮するとドル円はショート ムニューシン米財務長官の「ドル高国益」発言は以前から聞こえていた内容であるほか、トランプ大統領のドル安スタンスと真逆を向いており、この発言を買い材料視するには少し危険です。 やはりマーケットの焦点は引き続き北朝鮮をめぐる地政学的リスクになり、このまま緊張状態が続くのであれば円が選好されるモメンタムでしょう。 また、ここにきて米経済指標はやや勢いをなくしています。自動車関連や製造業が軟化しており、それに伴い米長期金利の上値が重いこともドルにはかなりネガティブになります。米長期金利が少なくとも2.3%台まで回復してこないと110円復…
  • 詳細へ
    2017年4月12日
    110円崩落!ポジションを縮小してボラティリティから身を守るべきか[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 米海軍は原子力空母カール・ビンソンを朝鮮半島の近海へと派遣すると発表しました。北朝鮮外務省は「強力な武力」によって自らを防衛すると述べ米国を激しく非難するなど、東アジアの地政学リスクは近年にないほど高まっています。 北朝鮮VS米国 北朝鮮に関してトランプ大統領は「北朝鮮問題を巡り、中国が協力しなければアメリカ単独で行動する」と表明しているほか、共同通信は「米政府は北朝鮮への攻撃の可能性を4月上旬に日本へ伝達した」と報じました。 また、米政府はオーストラリアなど同盟諸国に対し、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した際には迎撃する態勢が整ったと通知し、厳戒態勢で備えるよう要請するなど、軍事衝突の現実味がかなり帯びてきているなと感じます。 マーケットもこの流れを受けてNY金先物が一時1275.90ドルと昨年11月10日以来、5カ月ぶりの高値へ上振れるなど地政学リスクが大きく意識されています。 ドル円も下値目途がつきづらく、いつクラッシュしてもおかしくない状況なだけに、ポジションを縮小してボラティリティから身を守る…
  • 詳細へ
    2017年4月5日
    予断を許さない世界情勢!リスクオフ地合いに下値を模索か[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 2017年度が始まりました。本年度もより良いトレードの年で有りますようにお祈り申し上げます。 さてマーケットについてですが、トランプ政権への不透明感VS好調な米ファンダメンタル”といったアメリカの好悪材料が交錯してドル円の方向感が出せない状況が続いています。週末のイベントに備えて戦略を立てておきましょう。 米中首脳会談の値動きは限定的か 今週最大の注目は6日と7日に行われる米中首脳会談になります。 トランプ政権は先制パンチとして貿易赤字の原因を究明するとして中国側を牽制していますが、実際に会談の場では関税の引き上げなどは議題には上げず、友好的に終わるのではないかとの見方が多いようです。 ダウンサイドリスクも捨てきれず軸足はやや下向きにはなりますが、私も多くのアナリスト同様に大きな混乱にはならないのではないかと考えています。 また、金曜日に行われる米雇用統計も米6月利上げを意識するにはあと2回の雇用統計を消化する必要があり、今回の雇用統計が与えるインパクトは軽微で値動きは限定的になる可能性…
  • 詳細へ
    2017年3月29日
    トランプラリー終焉か!不透明感漂う今後の展開は如何に[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 トランプ大統領が目玉政策であるオバマケア廃止を断念したことで、今後の税制改革やインフラ投資計画にも不透明感が出てきました。ドル円は一時110円前半まで下値を拡大しており、この下落の流れが継続されるか見極めることが週末にかけてのポイントとなりそうです。 短期的にはドル円は戻り売りの好機と見る トランプ政権への失望から、現在打ち出している政策に不透明感が加わり、マーケットとしては次のターゲットである110円割れを意識せざるを得ません。 昨夜はフィッシャー副議長が、FOMCメンバーの予想が年内あと2回程度の利上げであることについて、「妥当」と発言したことがドル買い材料となり現在は111円台に回復していますが、年内あと2回の利上げは既定路線で、そこまで上げ材料になるとは考えにくいです。となれば、昨夜の上昇に関しては、直近5円近い下落をしていたことへの単なる自律反発と考える方が自然です。 あくまでメインシナリオは、トランプ政権から税制改革やインフラ投資に対する明確な計画が出てくるまでの間は、オバマケア廃止失敗…
  • 詳細へ
    2017年3月22日
    短期的にはドル売りの好機か!?[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 米ドル/円は6日営業日続落です。FOMC経過後、今年の利上げ回数は昨年と同じ3回とする見通しが示され、米ドル/円は下値を試す展開となりました。現在価格は111.50円付近で年初来安値圏にあり、米ドル/円は急所である111.50円を下回りこのまま下落が加速していくかが焦点となります。 FOMCの米利上げペースの今後は如何に 米利上げペースを図る物差しとしてドットチャートと呼ばれるFRB高官の金利予想があります。この金利予想に関してマーケットは年3回の利上げから年4回に引き上げられるとの話もありましたが、実際は変更がなかったため、ドルは上値を重くしています。今後の利上げペースですが、年3回(あと2回)がコンセンサスとなっておりますが、本当にそうでしょうか。 ハト派のイエレン議長が本当に年3回利上げをできるのか疑問が残ります。 もちろんここからの利上げは今後の数字次第ではありますが、今のドットチャートもあまり信用してはいけません。 なぜなら昨年の利上げもこの時期で年3回のペースを予測していましたが、実際は…
  • 詳細へ
    2017年3月15日
    ビックイベントによる乱高下も最終的には円高に収束か![井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 米雇用統計を受けてフェドウォッチの3月の利上げ確率が93%に上昇、米10年債も2.6%まで上昇しています。しかし、良好なファンダメンタルも米ドル/円の上値は重くドル高材料に反応しづらい状態になっています。FOMC、オランダ選挙、米債務上限引き上げ期限、G20といったリスクイベントを前にしっかり戦略を考えてみましょう。 米ドル/円上昇には新たな燃料が必要!FOMCでは年4回利上げを意識させられるか 今夜のAM3:00にFOMCが開催されます。FOMCでは利上げが確実となっているため利上げの有無は焦点にはなりません。今回のFOMCのポイントは年何回利上げするのかということになります。マーケットではFRBが年3回の利上げではなく、年4回利上げに踏み切るのでは?といった観測が出てきました。事実ゴールドマンサックスでも今年の利上げ予想を年3回から4回に変更しております。 直近で米ドル/円の上値の重さや、米長期金利が米利上げに対する期待感から大きく上昇していることを考えると年3回の利上げは完全に織り込まれている…
  • 詳細へ
    2017年3月8日
    3月利上げが既定路線に!ドル円の急所は115円か!?[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 今週に入り米ドル/円は材料出尽くし感から完全にレンジ相場になりました。また、レンジの上限・下限には大きめのバリアオプションがあるほか、今週金曜日の雇用統計も控えており、参加者も少し様子見ムードとなっています。 3月利上げが既定路線に! 3月15日の利上げが既定路線となりました。FOMCメンバーは、ブラックアウト前の駆け込みで利上げに積極発言を連発したことで、数週間前に30%だった利上げ確率を85%まで引き上げることに成功しました。マーケットにサプライズを与えることを嫌うイエレン議長であれば最低でも80%は織り込む必要があると思っていましたが、この数値を無事クリアしたことで、利上げはほぼ間違いないとみていいでしょう。 しかし、米ドル/円の反応といえばそこまでポジティブなものにはなりませんでした。 トランプ大統領の利上げに対する発言への警戒のほか、セルザファクト的な売りや、115円のバリアオプションが効いていたのでしょう。しかし、115円で頭を押さえられたのは非常に大きいです。仮に115円を上抜けていれ…