FX実践編

  • 詳細へ
    2017年4月6日
    実践編1|テクニカル分析の必須ツール!チャートとローソク足
    相場参加者の心理がチャートに現れる FXで利益を出すには、「安く買って高く売る」か、「高く売って安く買い戻す」必要があります。このような売買のタイミングを図るためには、相場がどのような状況にあって、この先どのように値動きしていくのかを予測するための分析が必要になります。その分析の基本中の基本となるのが、チャートを使った分析(テクニカル分析)です。 チャートは、為替レートの動きを時系列に並べて視覚化したもの。トレーダーたちはこのチャートからさまざまな情報を読み取ることができます。 上のチャート図をご覧ください。基本的な見方として、チャートの縦軸は価格、横軸は時間を表していることを覚えておきましょう。価格は上にいくと高く、下にいくと安くなります。時間は右に進むほど新しい情報になっていきます。 ちなみに、為替レートは需要と供給の関係によって変動します。外国為替市場には、実需や投機を合わせて、ロング派とショート派がいます。為替市場では常にこの両派が綱引きしていて、人数が多い方に価格が動いていくのが原則です。いわば相場参加者の心理が価格を動かしており、チャートは相場参加者の心理が視覚化されたもの…
  • 詳細へ
    2017年4月5日
    実践編2|相場の動きを知る!トレンド・レンジ相場・トレンドフォロー
    トレンドを見つけその流れをフォロー 上のチャート図を見ると、ジグザグとした不規則な動きの中に、上方向(もしくは下方向)の規則的な流れがあることが分かります。このような明らかな方向性を持った相場の流れを「トレンド」と呼びます。 相場の流れは、 方向性が定まらない状態(レンジ相場) 上がり続ける状態(上昇トレンド) 下がり続ける状態(下降トレンド) という三つの状態に大別できます。 そして覚えておきたいのが、相場は一度動いた方向へしばらく動き続けるということです。 チャート分析によりトレンドを探し、 「上昇トレンドのときにロングを狙う」 「下降トレンドのときにショートを狙う」 という、トレンドフォローを行うことが、FXを運用することの王道となります。 ただし、トレンドは相場全体の2割程度と、常に出ているものではありません。チャート上からいち早くトレンドを見極める目を養う必要があるといえます。 ポイント① 為替レートの方向性=トレンド トレンドとは不規則な動きの中にある明らかな方向性のこと 過去の為替レートの動きを示すチャートを見ると、基本的に上がったり下がったりを繰り返していますが、その中…
  • 詳細へ
    2017年4月4日
    実践編3|【成行注文と指値・逆指値注文】FXにおける2系統の注文方法とは
    注文方法の種類を把握しておこう! FXの取引で売買注文を出すには、大別して2種類の方法があります。 一つは成行注文。 これはそのときの価格で、リアルタイムで売買するときに使う注文方法です。スキャルピングやデイトレードなど、その場の判断が重視される取引で多用されますが、相場が急激に動いたときには、そのときの価格で注文が通らないケースもあります。 もう一つは、指値・逆指値注文。 こちらは注文したい価格を予約するやり方で、指定した価格になったときに自動的に取引が実行されます。 なお指値注文が、現在の価格より有利な価格を指定するのに対し、逆指値注文は現在の価格よりも不利な価格を指定します。為替相場が予想に反して不利な展開になることを想定し、ある一定の範囲で損失を止める手段(損切り)として逆指値注文は使われます。 この指値・逆指値注文を組み込んだ予約注文方法についても覚えておきましょう。あらかじめ売買の価格を指定注文しておき、相場が指定した価格に到達した場合に注文が成立します。ここでは代表的な三つの予約注文方法を紹介しています(ポイント②参照)。 どの注文も指値と逆指値を組み合わせることで、決済…
  • 詳細へ
    2017年4月3日
    実践編4|FXを続けるために絶対必要!リスク管理と損切りの考え方
    FXで稼ぐには1回の損失を最小にすることが大事 損切りができない人はFXで稼げません。 損切りとは一定以上の損失を出さないために損失確定の決済を行うこと。損切りした時点で負けが確定するわけですから、なかなか踏ん切りがつかないかもしれませんが、1回の損失を小さく抑えることができれば、勝率が低くてもトータルではプラスになることだってあり得ます。 相場が予想通りに動くとは限らないということを肝に銘じ、取引をする前にはあらかじめ「この価格になったら損切りする」というルールを決めておくことを徹底しましょう。 躊躇なく損切りできることが、FXで継続的に資産運用するための大前提となります。 根拠を持った損切りを入れよう FXにおいてトレードごとに損切りをしっかり入れる重要性を、理解していただけたでしょうか。 次に気になるのは、どれくらいの損失で損切りを入れるかですよね。「1000円負けたら損切り」のように、金額で損切り価格を決めるのも悪いことではありませんが、テクニカル分析に基づいた水準で損切りをするという考えの方がより効果的です。 トレンド発生時なら、トレンドラインを割り込み、高値や安値の同時更新…
  • 詳細へ
    2017年4月2日
    実践編5|初めてのFXは利益1万円の目標からスタート!
    少額から取引を開始してFXの実力をつけよう FXを始めるにあたり、まずは1万円の利益を目標に設定してみてください。FXとは、資産運用です。短期間で資金を数倍にするとか、一攫千金を狙うものではありません。 さて、安全に1万円の利益を得ようと考える際に重要となるのが、あなたが用意する資金です。資金(証拠金)によって、目標を達成するために必要な時間に差異が生じます。 FXの利益額とは、先に解説した通り「売買数量×差額」から求められます。資金が多ければ売買数量を増やすことができるため、1万円の利益を得るまでの時間が短くて済みます。一方、資金が少なければ売買数量を増やせないため、目標達成までの時間がかかることになります。 であるならば、資金が多い方が有利なのかというと、そうとも限りません。資金の差は、目標達成への時間に比例するのであって、トレードの難易度については一定だからです。 むしろ少ない資金でFXを始めるということは、1万円の初期目標に対して、時間をかけながらコツコツと実力をつけていくことが可能となります。初心者には分不相応な資金で始めるよりも、健全にFXへ取り組めるはずです。 そして実力…
  • 詳細へ
    2017年4月1日
    実践編6|チャート分析に欠かせないテクニカル指標(トレンド系・オシレーター系)
    さまざまな観点のテクニカルが存在 FXのトレードにはチャート分析が欠かせません。その分析は、テクニカル指標を用いて行います。 テクニカル指標は、 トレンド系 オシレーター系 の二つに大別されます。 前者は文字通り、トレンドの分析を得意としたもの。後者は相場の過熱感(買われすぎ、売られすぎ)の分析を得意としたものです。 これらから、自分に合ったものを使い、あるいは組み合わせて、相場を分析するのが王道です。 代表的なテクニカル指標 移動平均線 世界中のトレーダーが使用! トレンドが丸分かり 一定期間の終値の平均値をつなぎ合わせたのが移動平均線。10日移動平均線の場合は、10日分のローソク足から算出します。使い方としては、右上がりなら上昇、右下がりなら下降と、トレンドの判断に役立てます。世界中のトレーダーに愛用されています。 ボリンジャーバンド 帯(バンド)の拡張、収縮から相場の熱気を見極める 統計学の標準偏差と正規分布の考え方に基づいた指標です。中央のミドルラインから外側に向かって±1σ、±2σと数え、価格変動が±1σに収まる確率は約68%、±2σに収まる確率は約95%と考えます。 平均足…