ディーラーによる今週のドル円「夏は枯れても意外と動く」[国府勇太]

こんにちは。国府勇太です。

さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。
見るのは日足です。

先週の一言「あっさり下がったマーケット」

先週を一言で表すと「あっさり下がったマーケット」です。

先週10日(月)には、114.03円でスタートしたドル円。
続く火曜には前回高値を超え、114.50円手前の114.493円までつけました。

しかしその後は下落。13日(木)には少し反発したものの114円には届きませんでした。

そして、ハイライトは14日(金)です。

日本時間夜21:30のアメリカの重要な経済指標(小売売上高、消費者物価指数)が予想よりも悪い結果だったことを受けてドルが売られました。

この結果により、一時112.50円を割り112.25円までさげましたがその後は少し反発。
結局112.495円でクローズしました。

意外とあっさりここまで下がってしまったなというのが正直な感想です。

ドル円、今週の見通し

ボリンジャーバンドをプロットしてみましょう。

ボリンジャーバンドとは移動平均を表す線(白)と、その上下に「値動きの幅(ボラティリティ)」を示す線(バンド)を加えたテクニカル分析のことをいいます。

見ると先週の高値がちょうど黄色の線(+2シグマ)で止まっているのがわかります。

そして、週末クローズがちょうど移動平均(白)にタッチしていて、さらに移動平均(白)は上向いています。

これは、この移動平均(白)をサポートにしてロング(買い)をするのが一般的な手法です。 

ただ、「買い」というのもどちらかといえばです。

今は流れもつかみにくい難しい展開です。
夏枯れもありますし無理をする展開ではありません。

みんなディーラーもバカンス行ったり気が抜けているところも多いです。

こういった相場では流動性が低いので意外と動くことがあります。
でもやはり動きとしてはトレードがしづらいので、やるとしても小さめのポジションでやりましょう。

こんなときに難しく考え、難しいトレードをする必要もありません。
少し肩の力を抜きましょう。

では、今週もリスク管理に気をつけてがんばりましょう。

記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX株式会社の見解ではありません。また、記事の内容はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、作成者及び、ワイジェイFX株式会社は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断で行って下さい。

FX力を鍛える有名人コラム | 国府勇太の最新記事
週刊FXシナリオ|トランプ政権が貿易赤字縮小に焦点で、円高圧力か[阪谷直人]
FXに活かす米国独自の経済指標|新築住宅販売件数とは?[月光為替]
クロス円ロングプレーヤーは短期的な下落に警戒を[井口喜雄]
オセアニアブレイク続報。PF1.5と優秀![木里ゆう]
ドル買い一服でも円安は継続!株高・リスクオンの流れと金融政策格差で[雨夜恒一郎]
週刊FXシナリオ|ECBのメッセージ、テーパリングに備えよ[阪谷直人]
FXに活かす米国独自の経済指標|消費者信頼感指数とは?[月光為替]
ドル円は115円がターゲット!今週も円売り祭りとなるか[井口喜雄]
先週は+158pipsと絶好調&オセアニアブレイクの件[木里ゆう]
ディーラーによる今週のドル円「114円超え!意外とあっさり上がるマーケット」[国府勇太]
ドル安予想を撤回!米国債利回りの上昇と株高でドル円は一段高へ[雨夜恒一郎]
米雇用統計を乗り切り、ドル円はもう一段の高みへ[阪谷直人]
イエレン議長が利上げを急ぐ理由、FOMC議事要旨から[阪谷直人]
FXに活かす米国独自の経済指標|ミシガン大学消費者信頼感指数とは?[月光為替]
この上昇トレンドは本物?[井口喜雄]